平成20年度助成内容決定

平成20年11月13日
財団法人カシオ科学振興財団

カシオ科学振興財団
第26回(平成20年度)研究助成 決定
合計43件・総額5,300万円

このたび財団法人カシオ科学振興財団〔理事長:樫尾幸雄〕は、平成20年度の研究助成、合計43件・総額5,300万円を決定しましたので、ご案内させていただきます。

カシオ科学振興財団は、カシオ計算機株式会社の故・樫尾茂前会長と四人の樫尾兄弟が設立発起人となって、我が国の学術研究の発展と振興に貢献するため、1982年に設立した財団です。
本年度も例年通り「特に萌芽的な段階にある先駆的かつ独創的研究を助成すること」を主眼に審査をおこない、185件の申請の中から選考の結果、下記の通りに本年度の研究助成を決定いたしました。

自然科学部門

北海道大学量子集積エレクトロニクス研究センター教授である橋詰 保氏による「自己組織化半導体ナノポーラス構造への超接合形成と太陽電池応用」など、計38件の研究に対し4,600万円の研究助成金の贈呈を決定いたしました。

人文科学部門

横浜国立大学大学院環境情報研究院教授である竹田 陽子氏による「身体知伝承の情報技術による支援可能性の探究」など、計5件の研究に対し700万円の研究助成金の贈呈を決定いたしました。

なお今回、助成対象となる研究分野に、近年の社会状況に鑑みて特に重要と思われる3項目を「特別テーマ」として加えております。

上記の助成金贈呈は、来る12月5日、カシオ計算機・本社(東京都渋谷区)にてとりおこないます。

募集対象研究分野(21分野)

1 半導体関連 12 人間支援デバイス・システム
2 表示・光学関連 13 ヒューマンエレクトロニクス
3 入出力・記録関連 14 ヘルスエンジニアリング
4 通信・伝送用デバイス 15 バイオエレクトロニクス関連
5 新素材・ナノテクノロジー関連 16 環境エレクトロニクス
(材料・新エネルギー・省資源・省エネルギー)
6 ヒューマンインターフェイス
7 コンピュータ・マルチメディア信号処理 17 シミュレーション科学
8 ソフトウェア・知識処理・セキュリティ 18 加工法・工作法・リサイクル技術
9 通信・放送 19 信頼性・最適デザイン
10 計測・制御 20 人材育成に関する研究
11 機構・ロボット 21 変革期における人間行動の研究

また今回、昨年に引き続き上記の助成のほかに、下記の特別テーマ3点を設けています。

特別テーマ

1. 小型化・低消費電力化に関連する要素技術研究
2. 健康維持・増進のための電子装置に関する研究
3. IT社会における人間の知的進歩に関する研究

カシオ科学振興財団 概要

【設立認可】 昭和57年12月23日
【特定公益増進法人認可】 昭和59年10月20日より
【基本金】4,710,516千円

年度別 研究助成総額の推移

回数 年度 件数 総額(千円) 回数 年度 件数 総額(千円)
第1回 昭和58 24 25,900 第14回 〃8 39 49,830
第2回 〃59 28 34,912 第15回 〃9 39 49,920
第3回 〃60 33 41,460 第16回 〃10 38 49,940
第4回 〃61 34 43,165 第17回 〃11 39 50,780
第5回 〃62 30 40,905 第18回 〃12 39 49,710
第6回 〃63 33 42,950 第19回 〃13 37 49,800
第7回 平成1 34 42,900 第20回 〃14 42 55,640
第8回 〃2 33 43,925 第21回 〃15 40 50,400
第9回 〃3 33 44,900 第22回 〃16 39 50,740
第10回 〃4 41 51,760 第23回 〃17 44 50,000
第11回 〃5 36 47,980 第24回 〃18 46 51,990
第12回 〃6 39 51,690 第25回 〃19 49 54,350
第13回 〃7 40 50,850 第26回 〃20 43 53,000
・第26回までの助成金総額:1,229,397千円

お問い合わせ先:財団法人カシオ科学振興財団 TEL. 03-5334-4747

お問い合わせ